2012年03月20日

マイケル・サンデル教授の

きのう夜、マイケル・サンデル先生の
“究極の選択” が、また放送されていました。

今回も、大変興味深いものでした。
貧富の格差は是正されるべきものか・・・

アウトソーシングのような考え方は正義なのか?

私自身、以前にも書きましたが、トヨタ系列の工場に
下請けからの出向で半年ほど働きに行っていましたが
まさにこの論議の内容に合致していました

社員と同じ給与を!とまでは言えませんが
その格差は、あまりにも大きいもので

パッと見ても倍以上の格差でした
同じ仕事をしていても、大企業の社員は
手厚い待遇を受け、そうでない下請けからの出向人員や
いわゆる、期間従業員はその半分以下の賃金だと
思います。

それでいて1兆円の利益とかって言っても
なんだか納得が出来ないと思います

確かに、アウトソーシングで安い給料で契約して
働くことが許されるのも、1つの道で、それでも
雇ってもらえるのだからありがたい!と考えることも
出来ます。

しかし、倍以上の格差をつけて、その浮いたものを
更に社員に報酬として分配するのは
理にかなっているのでしょうか?

また番組では、成功の鍵となることの要因に
“運” も大きいと言う議論もされていましたが

この場合でも、その社員であるから、同じ仕事を
していても高い報酬を得て当然だ!
と言ってしまえないのでは?と、私は考えます。

仕事の中身が違うのならば格差があって当然ですが、
全く同じ仕事をしているのですよ、
(工場での同じ動きの仕事なら、そう言えると思います)

それなのに、給与は倍以上違うのです。

大きく成長した企業、努力した経営者、みなそれぞれに
ただ、楽して儲かったわけではなく、苦しいところを
通り越して、そこまでになったことは理解できます

でも、その影で、正当と言い難い賃金格差が
あるのならば、改善してほしいと思います

今、決算期で大変に忙しく、体もまいっていますが
今日だけは、つかの間の休息をとっています

頭も体も、一度リセットして明日から再スタートです!!

posted by ヨッシーのクッキー大好き at 11:39| 岐阜 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

マイケル・サンデル教授の

昨日、夜9時から “マイケル・サンデル教授” の
【究極の選択】 が放送されていました。

とても、奥深い論議で、また面白さもありました

いろんなテーマで論議されていましたが

妊娠・出産のテーマについての論議
不妊治療をされているご夫婦の、子どもを持ちたいと
いる願いに対し、代理母のビジネスがあるということに
ついて、激しく論じられていました。

確かに女性が、他の人のために子宮を貸すと言うか
妊娠のためだけに提供するということが
特にインドでは盛んに行われているということです。

それに対し、本当に長年、不妊治療に苦しんで
子どもが授からないことを、運命として受け止めようと
悩み苦しんでいる人が、世の中には多くいらっしゃるので

この代理母のビジネスが道徳的に反するから
すぐやめるべきだと言うようには言えないのかもしれません

個人的にはこう思うという考えはありますが
それは幸いにも神様から子どもを授かった自分には
子どものいない方の悩み苦しみは、本当の意味では理解して
あげられないのかも知れません。

ゲストとして参加されていた斉藤慶子さんが
おっしゃっていましたが、このことに真っ向から
反対していた学生参加者に
皆さんは、おそらく自分には子どもが出来ると思っているから
 そういう意見になるのかも・・・」 と。

そして、  ちょっと腹が立ってしまった意見は 
インド系のハーバード大学の女子学生が、
「代理母は、お金のために体の一部を提供していると言うことで
 売春行為に類似していると思う」 と、発言していたことです。

それに対し、もう一人のゲスト、SHELLY は、
「それは、あまりにも失礼すぎる!!」 と、言ってました

私もそう思いました。自分がもし、子どもを授からなかったら
その方法を使うかどうかは別問題として、

大変に難しい、   まさに究極の選択
なのかも知れません。

最後のほうで、さらにもう一人のゲスト、ジャパネットたかたの
高田社長
が、「今の論議で、1つ欠けていることがあると思う、
生まれて来た赤ちゃんの立場での論議が全くされていない。
人間として生まれたすばらしさを考えると、そのような方法で
お子さんを持ったご家族は、また赤ちゃんも幸せなのでは?」
と、言うようなことをおっしゃってみえたと思います。

ほかに、東京副知事の猪瀬さん、元ヤクルトスワローズの
古田さん がゲストとして参加されていました。

それにしても、このマイケル・サンデル教授の
論議、大変興味深いし、面白みがありますね!
posted by ヨッシーのクッキー大好き at 22:20| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

今日のアンビリーバボ! TV

今日のアンビリーバボ!は、すごい内容でした。

1つは、全盲の天才画家のお話。
30歳ぐらいの時に病気で失明してしまった男性が
その後視覚以外の機能の発達により
触覚、さわってその感触を記憶し、絵を描くことが
出来る!ようになったという感動のストーリー!

触覚で、絵の具の違い、つまり色の違いも認識できるようになり
今は1000色の色を使い分けられて絵を描くことができるのだそうです
本当に驚きました。

http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/120126_1.html

2つ目は、“遠位型ミオパチー” と言う難病に
みまわれながら夫婦で、そして家族で支えあいながら
歩んでこられた女性のお話。

http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/120126_2.html

これは、両方ともにものすごく感動させられました。

人間の能力、限界を超える力、深い愛……そういったもののすごさを
あらためて感じたときでした。まさにアンビリーバボ!
posted by ヨッシーのクッキー大好き at 22:30| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

ふんとに、うんまいね〜

朝のNHKの、『おひさま』 で、
丸山のおかあさんなどが、

『ふんとに、うんまいね〜』 って言ってるように
聞こえますが、なまり?を無くせば

『ほんとうに、うまいね〜』 と、なるのかと
思います。

でも、この言い回し、っていうか音の響き っていうか
とっても、温かみを感じます。

自分自身でも使ってみたくなりますねー
 
おひさまのサイト

http://www9.nhk.or.jp/ohisama/
posted by ヨッシーのクッキー大好き at 21:57| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

ナニコレ珍百景で

先日の  ナニコレ珍百景  で、

99歳のおばあちゃんが
初代のファミコンを現役で
毎日2時間以上やっている 
と言う、珍百景が紹介されていました

お孫さんがやっているのを見ていて
おもしろそうだと思って始めて、もう20年以上に
なるとか……。

ゲームは ボンマーマン 
しかも、毎日1ステージ目から順番にやって
50ステージ目まであるんでしょうか?
それを毎日クリアーしているって、ビックリです。


その様子の中で、おばあちゃんが、カセットの
接続部分のほこり等を払おうとして
口でフーっと吹いて  
いるのを見て、 
おばあちゃんもやっているんだー!!と
またまた驚いた次第です。

たかがゲームとはいえ、ある意味、頭の体操になって
老化や痴ほう症の防止にもなるのでは?
と思いました。

こういう事をずーっとお歳を重ねてからも
出来るって本当にスゴイことですよね! 

posted by ヨッシーのクッキー大好き at 22:22| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。