2012年02月19日

マイケル・サンデル教授の

昨日、夜9時から “マイケル・サンデル教授” の
【究極の選択】 が放送されていました。

とても、奥深い論議で、また面白さもありました

いろんなテーマで論議されていましたが

妊娠・出産のテーマについての論議
不妊治療をされているご夫婦の、子どもを持ちたいと
いる願いに対し、代理母のビジネスがあるということに
ついて、激しく論じられていました。

確かに女性が、他の人のために子宮を貸すと言うか
妊娠のためだけに提供するということが
特にインドでは盛んに行われているということです。

それに対し、本当に長年、不妊治療に苦しんで
子どもが授からないことを、運命として受け止めようと
悩み苦しんでいる人が、世の中には多くいらっしゃるので

この代理母のビジネスが道徳的に反するから
すぐやめるべきだと言うようには言えないのかもしれません

個人的にはこう思うという考えはありますが
それは幸いにも神様から子どもを授かった自分には
子どものいない方の悩み苦しみは、本当の意味では理解して
あげられないのかも知れません。

ゲストとして参加されていた斉藤慶子さんが
おっしゃっていましたが、このことに真っ向から
反対していた学生参加者に
皆さんは、おそらく自分には子どもが出来ると思っているから
 そういう意見になるのかも・・・」 と。

そして、  ちょっと腹が立ってしまった意見は 
インド系のハーバード大学の女子学生が、
「代理母は、お金のために体の一部を提供していると言うことで
 売春行為に類似していると思う」 と、発言していたことです。

それに対し、もう一人のゲスト、SHELLY は、
「それは、あまりにも失礼すぎる!!」 と、言ってました

私もそう思いました。自分がもし、子どもを授からなかったら
その方法を使うかどうかは別問題として、

大変に難しい、   まさに究極の選択
なのかも知れません。

最後のほうで、さらにもう一人のゲスト、ジャパネットたかたの
高田社長
が、「今の論議で、1つ欠けていることがあると思う、
生まれて来た赤ちゃんの立場での論議が全くされていない。
人間として生まれたすばらしさを考えると、そのような方法で
お子さんを持ったご家族は、また赤ちゃんも幸せなのでは?」
と、言うようなことをおっしゃってみえたと思います。

ほかに、東京副知事の猪瀬さん、元ヤクルトスワローズの
古田さん がゲストとして参加されていました。

それにしても、このマイケル・サンデル教授の
論議、大変興味深いし、面白みがありますね!
posted by ヨッシーのクッキー大好き at 22:20| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253145524

この記事へのトラックバック

癒し家ブログまとめサイト
Excerpt: エステティシャンのプライベート日記や、キャンペーンなどのお得情報を随時更新中です!!
Weblog: 癒し家RSSリーダー
Tracked: 2014-03-31 19:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。