2010年05月22日

口蹄疫(こうていえき)問題について

 口蹄疫(こうていえき)問題について

感染拡大が収まらない宮崎県の、口蹄疫問題で、
宮崎県全体が揺れています。


 特例で家畜移動制限区域外に避難させた主力級種牛にも
感染が判明したしたとのニュースを聞いて、事態は思いのほか
深刻な状況だと思いました。

東国原知事は突然、いったんは殺処分にしたと説明していた
種牛の49頭がまだ生きていることを明らかにしたのですが、
なんとかして、種牛として残すよう国に要望するとのお話でした。

防疫体制の確保が優先なのか?
               宮崎牛ブランドの維持が重要なのか?

政府の対策本部は難しい判断を迫られることは間違いないです。


東国原知事は、宮崎県西都市に避難中だったエース級種牛
(『忠富士』 (ただふじ) の感染判明を受けて記者会見して、
主力の種牛6頭が特例を認められたように、49頭についても
「協議の余地はないだろうか」と言っておられました。


 知事は忠富士以外の5頭も感染の可能性があることに触れ、
「このままだと宮崎県から種牛がいなくなってしまう。
 
49頭も遺伝子検査をするので、経過観察を認めてほしい」
 と、大変厳しい表情で語っていました。

 
 49頭はもともと忠富士など主力級6頭とともに、
県家畜改良事業団(宮崎県高鍋町)で飼育されていました。
県は6頭を避難させた後、49頭について、
殺したり埋めたりする過程に入っていると発表していました。

 どちらが優先か?と言うのは大変難しい判断だと思うのですが、
国は初期の対応がまずかったためにこうなったことは
明らかですが感染拡大を防ぐために、その範囲内の家畜を
全て処分する!と言うのは畜産農家の方々の声も全く無視して
いるように思うのです。

効果はもちろんあるのだとは思いますが、感染していない
牛や豚なども全て処分しなければならないのは畜産農家の
みなさんには、本当に耐え難い苦しみであります。

何とかして、この病気が沈静化するようにと願うばかりです。

ラベル:口蹄疫
posted by ヨッシーのクッキー大好き at 23:28| 岐阜 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく ステキ で 興味 深い blog ですね。
シーサーの ranking サイトで 貴方の ブログを発見しました!
五月になりましたね〜。
今 年 の 旅 行の 予定 は お決まり ですか?
 わたし は FC2で 下記の 旅行関係の ブログを 書いてます。
http://tavivitoblog62.zz.tc/fc2com

★ぜひ私のブログと 相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。
ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plazarakutenhotelman■livedoor.com
※■を@に変えて下さい。
(URLとブログ名を必ず明記して下さいね)
ではまた来ます。応援ポチ凸完了です〜
Posted by hotel のフロントで 働 いて る 者 at 2010年05月23日 04:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。